期間従業員の求人とは

期間従業員の求人とは

期間従業員というのは、正社員とは異なり企業側が一時的に雇って働いてもらう人員のことを言います。

そのため通常は、3ヶ月、6ヶ月などの雇用期間が事前に設けられています。

このためたとえ働き始めても雇用期間が過ぎると一方的に解雇されたり、もしくは契約期間が切れたということで結局働けなくなります。

期間従業員の求人について詳しく説明しています。

もちろん経済状況が良い状態が続けば雇用期間が延長されることが多くなりますが、逆に景気が悪くなってくると雇用期間が過ぎても延長されないで解雇されることが多くなります。

このため、実際に求人を探していく場合も雇用条件で雇用期間が終わるとすぐに解雇される案件なのか、それともそもそも延長の可能性ありの案件であるのかを事前に確認しておく必要があるのです。

All About情報に関する耳より情報を公開しています。

特に家族を扶養している場合は収入に穴を空けることができませんので今後のスケジュールをある程度事前に立てておく必要があります。

特に期間従業員というのは一時的に行う仕事と割り切り、長期的には正社員を目指してより安定した収入が得られる求人を探していく方が将来より安定した生活が手に入るのです。


しかしそういう応募者の思惑とは反比例して正社員よりもむしろ期間従業員の求人が年々増えています。



特に大企業ではなるべく正社員の数を抑制して非正規雇用の人員の割合を増加させる傾向がずっと続いているので、給料や労働の各条件をしっかりと確認してその妥当性を判断した上で実際に応募することをお勧めします。