残った赤ワインで作る料理

秋から冬にかけて寒くなってくると、赤ワインが恋しくなります。お家で美味しく飲んでも、どうしても余らせてしまう事があります。
数日であれば、栓をきっちりしてなるべく空気が入らないようにして保存しますが、それでも余ってしまう事があります。あまり長く保存していると香りが無くなってしまうので、残った場合はお菓子やお料理に使うようにしています。

そこで、残ってしまった赤ワインを美味しく頂く方法をご紹介します。


まずは、ホットワインです。


今すぐ見つかる理学療法士の国家試験の特徴をご紹介する情報です。

一番簡単に作るのは、残った赤ワインをコップに入れ、好みのスパイスとはちみつかお砂糖を入れ、電子レンジで加熱する方法です。

あれば果物をカットして入れても美味しいです。

ポイントは、甘味料を必ず入れる事です。
加熱すると香りが消えてしまうので、味が変わってしまいます。それを甘味料で補います。

寒い夜にお勧めの飲み物です。
時間がある時は、上記の作業をお鍋に入れてゆっくり沸騰させます。


アルコールが残らないように暫く沸騰させてから、各自のコップに注ぎ頂きます。

その次は、ドライプルーンの赤ワイン煮です。

赤ワインとお水を1対1でお鍋に入れ、お砂糖を好みで大さじ1から入れます。お砂糖が多すぎると、出来上がりがこってりした味になってきますので、お好みで加減します。

介護職の求人の情報が欲しい方必見です。

そこにドライプルーンをかぶるくらい入れ、お鍋で煮ていきます。

アルコールを飛ばす必要があるので、必ず沸騰させます。

数分煮て、自然に冷めるのを待った後、保存瓶に入れて保存します。

神戸の興信所に関する情報に追加しています。

冷蔵庫に入れれば数週間美味しく頂けます。


イタチ対策に対する期待が寄せられています。

そのままでも美味しいですし、ヨーグルトにトッピングしたり、カップケーキに混ぜ込んで焼いても美味しいです。
その他にほんの少しだけ余った時は、カレーや牛シチュー、ハンバーグに入れて味に深みを出すようにしています。

電話占いの口コミ情報サイトを利用しましょう。

やはり、ワインがあるとないとでは、仕上がりが違ってくるので、少しだけ残った時も捨てずにソースにすると美味しく仕上がります。

http://jozankei.jp/archives/235
http://www.uranai-japan.com/
http://www.uranai-japan.com/for.html