サービス簡素化の格安航空券の魅力

近年海外旅行などの際に注目を浴びているのが、格安航空券です。
格安航空券は効率化によって低い航空運賃を実現した航空会社によって販売される、航空券のことです。


これらの航空会社はLCC(Low-Cost-Carrier)とも呼ばれており、近年成長の著しい会社です。

これらの会社が販売する格安航空券が実現するための効率化について言及していきます。

格安航空券が勢いに乗っています。

まず、人件費ですが、飛行訓練に対するコストを削減するためにすでに常務資格を取得しているパイロットを中途採用という形で採用します。

海外のツアーに有効な情報の紹介です。

そのほかにも制服の有償貸与や、乗務訓練の有償化など、人件費コストを最大限に絞っています。


次に機内サービスですが、基本的に機内食は有料とするかもしくは簡素化することとしています。さらに預かり手荷物の無償枠を狭め、できるだけ有償化することにしています。
そのほかにも機内の装飾やシートはできるだけ掃除しやすい素材にする、座席指定を廃止し、自由席とする、機内のエンターテインメント性(座席ごとのラジオ放送や音楽放送、ビデオなど)を省く、座席クラスを全席エコノミークラスに統一するなどの取り組みが見られます。

さらにその格安航空券の販売方法ですが、通常の航空会社ならば旅行代理店に航空券やツアーの販売を依頼し、その中間手数料を支払うのですが、格安航空会社の場合販売も自社で行うこととしています。


そのほかにもマイレージサービスを行わない、キャンセル不可などの特徴があります。

明日に役立つ海外の旅行のココだけの話をしましょう。

また、機内に広告を掲示し、スポンサーから広告収入を得るなどの取り組みも見られます。

このように格安航空会社はできるだけコストを低減し、格安航空券の実現に成功しています。
格安航空券を利用しての渡航は他の格安航空会社ではない航空会社で渡航をする時よりもサービスは落ちますが、格安で海外旅行ができるのです。

安全面は低料金であることとは関係ありませんし、こういったサービスを求めないのであれば、格安航空券の利用をおすすめします。





Copyright (C) サービス簡素化の格安航空券の魅力 All Rights Reserved.